ホーム 京都市市民活動総合センターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
ホーム > 市民活動やNPOについて知りたい方と始めたい方へ > NPO体感!ドキドキ交流サロン(2014年度)

ドキドキ交流サロンNPOの活動現場で学ぶ・気づく ※2015年度の実施予定はありません。

講座だけじゃ、物足りない。
NPOの活動現場にいってみたい。
私もNPOの活動を体験してみたい。
京都市市民活動総合センターのドキドキ交流サロンはNPOや市民活動に興味、
関心のある方、最初の一歩を踏み出す市民のみなさんにおススメのイベントです。

ドキドキサロン

「色々なNPOの活動があるのはわかったけど、どんな人たちが活動しているの?」
「参加したいけど、まずはどんな雰囲気なのかを知りたいなぁ」

ドキドキ交流サロンは、NPO・市民活動団体の活動現場で、
活動を見る・聞く・体感するプログラム。

実際の活動現場に行き、活動を体験しながら、ボランティアの意義、
活動に参加するやりがい、様子などについて知ることで
市民活動の最初の一歩を楽しく踏み出しましょう。

2015年度の実施予定はありません。

今までにこんなプログラムをしました!

NPOの事務所訪問!

NPOの活動現場や事務所は様々です。
ドキドキ交流サロンでは、京都生まれのNPOの事務所に訪問。
例えば、普段見ることのできない「国際協力団体の日本での活動現場」を訪れ、団体のスタッフと交流。

dokisaro_img02

国際協力団体の事務所訪問。
スタッフはどんなことをしているの?
スタッフになるには何が必要?
京都にいてもできることはあるの?
「知りたい」「やってみたい」キモチに火が付きます。

NPOの活動現場に参加!

ボランティアをしてみたいけど、自分にできるのか、どんな人たちが参加しているのか
気になりますよね。活動メンバーと共に作業を体験することで、団体の雰囲気を知ることができました。

dokisaro_img02

里山整備を行っている団体の活動現場を訪問。一緒に里山整備をしながら、活動の魅力や里山の必要性について学びました。
ひとつひとつの作業を通じて、NPOが大切にしている想いや活動の背景にある様々な課題が伝わってきます。

地域の課題を知り、地域で活動するNPOの意義に触れる!

普段住んでいる地域のこと、あなたはどれぐらい関心を持っていますか?
地域には歴史があり、そこから生まれた課題があります。そして、課題に取り組む「地域の人々」が存在しています。地域課題のレクチャー+活動現場での交流を通して、「自分に何ができるか」を考えることができました。

dokisaro_img02

地域密着・多文化交流型の高齢者施設を訪問。
地域にある課題についてレクチャーを受け、理解を深めることで、施設の利用者さんとも会話が弾みます。
スタッフのみなさんの熱い想いに触れ、「こんな仕事をしたい!」という気持ちも芽生えました。

アクセス・交通プライバシーポリシー